logo3.png

〉問い合わせLinkIcon〉資料請求LinkIcon

受験科.jpg基礎科.jpg美術教室.jpgネロ.jpgホロン.jpg

HOME > 合格実績 > 2013年度合格体験記

2013合格体験記

翁長瞳.jpg


翁長 瞳(首里高校 卒) 
沖縄県立芸術大学 彫刻専攻合格

 浪人して考えたこと。なんで自分は落ちたんだろう。合格した人との差がなんだったのか。「やっている回数が違うからだ」と思っていました。私は始めるのが遅かったから。
 でも違うのかなと思います。去年の私と今の私は何が違うのか。今考えると意識の差だと思います。誰よりもうまくなりたいと思うこと。上手くなりたい気持ちが強いほど行動に移せる。明日上手くなるにはどうするか毎日必死にになれるとおもいます。
 先生方はたくさんのヒントを投げかけてくれています。教え方も言い回しも違うけど、伝えたいことは似ている気がします。それをうまく受け取るには常に考えてないといけないし、考えていれば聞こえ方も変わると思います。自分なりに言葉を訳して、理解して、制作する。わからないことに気付けたなら積極的に聞いてみて考える。
 先生・先輩はもちろん、後輩、科が違っても受験生または経験者だからどんどん話すべきだとおもいます。自分が考えてもいなかったことを考えるきっかけにもなりました。それに落ち込んだときの負の連鎖を止めてくれる気がします。友達っていいですよ。
 一年間やってみて考え方がかなり変わりました!とかそういうのはないし自分は自分のままでした。でも去年の自分と大きく変わったのは合格できたという事です。大好きだから必死になれるし満足も出来ない。もっと上手になりたい・・・。大学でもこの気持ちを忘れずに頑張れたらいいなと思います。
 指導してくださった先生、家族のサポート、たくさんの人のおかげで今があると思います。ありがとうございました。

比屋根 桜.jpg


比屋根 桜(具志川高校 卒) 
沖縄県立芸術大学 絵画専攻(油画)合格

 私とナハビとの歴史は約3年になります。現役生までは沖縄市にあったコザビで教えてもらっていました。
 その年は残念ながら落ちてしまい、この1年は遠いナハビまで通っていました。そこでは新しい事がたくさんありました。今まで1人で描いていたのですが、少ないながらも同じ立場で比べる相手がいることが新鮮で良い刺激にもなりました。また絵を描く事の難しさも改めて実感した1年でした。何度もつまずき、自分の描きたい絵を見失ったり、いろいろこじらせたりして苦しい時期もありました。最後の後期試験では自信を持って素直に描き、やっとの思いで合格できました。合格できたのは家族やナハビの先生方やみなさんが支えてくれたおかげだと思います。大学は楽しいです。自由で。遠いけど。

森田綾香.jpg


森田 綾香(開邦高校 現) 
沖縄県立芸術大学 デザイン専攻合格

 元々、私は趣味で絵を描くことは好きでしたが所属していた学科が英語科ということもあり、高校では部活動で短いドラマを作ること以外あまり美術に触れるという事はなかったと思います。部活動での経験を通して、さらに映像を専門的に大学で学びたいと思ったのは2年の夏頃で、そこからナハ美に通い実技の対策を始めていきました。
 ナハ美での対策は初めての事が多く、本当に今の自分の力で大学に受かるのだろうかと本番が近付くにつれて不安を漏らすことも多々ありました。しかし、そんな心配は必要なしで楽しむことが肝心なのだと気付くと受験もそんなに怖いものではなくなり、そう思うことで試験当日は適度な緊張感を持って試験課題を楽しむこともできました。受験の型にはまりすぎず楽しむことは本当に重要なことです。また、対策をしていく中で映像よりもさらに学びたいことが見つかったことも現在に繋がる大きな一つの要因だと思います。自分のやりたいことに強い気持ちを持つ。人間強い意志があれば現実に起こりうることなら何でもできると私は思います。そして、こんな私を見捨てず懸命に指導してくださった先生方、一緒にバカ騒ぎしながら励ましてくれた先輩方や同級生の力、親の支えも私の合格には欠かせなかったものです。感謝してもしきれません。
 受験を通して学んだこれらの多くのことは合格という一歩に勝るものを持っています。だから、これから受験の人もまだの人も受験から何かを学び取りつつ、自分の持ってる力或いは今から出てくる力を信じて頑張ってください。

平手碧.jpg


平手 碧(小禄高校 卒)
沖縄県立芸術大学 デザイン専攻合格

 私がナハビに通い始めたのは、高校1年生のときです。入学当初は、「自分はイラストに興味があるのであって、デッサンとかの方面にいきたいんじゃない。」という想いがありました。同じ考えをもつ人もいるのではないでしょうか。
 今、改めてナハビに通ってた4年間を振り返ると、その考えは間違ってたんだなと私は感じます。
 デッサンが上達するのと比例して、イラストも上達していましたから。
 デッサンは全ての基礎と先生に言われた意味が少し分かった気がします。
 話は少し変わりますが、私は頭のお堅い人間です。融通の効かない、というべきでしょうか。教科書のような面白くもない思考を常にもっていたのです。
 その考えに縛られていたせいで、浪人1年目の冬まで「自分らしさ」の欠片もない作品ばかり作ってました。技術力も勿論大切です。でも、時に「自分らしい自由な発想」というものは多くの感心の目を引く凄い力をもっているのです。
 なので、これから受験生になる人達にちょっとした助言を。
 受験という荒波に揉まれるなかで、「自分らしい自由な発想」だけは忘れないで下さい。一度忘れると思い出すのに苦労します。今の私がそうですから。
 もっと上手になりたい、綺麗な作品に仕上げたい。
これらの想いは全て、自分の想い描く作品に近づけ、越えるために必要なものです。土台となる作品が気に入ってなければ、ある意味無駄となる作業なのです。そのことだけは忘れずに、楽しみながら作品を作っていってください。理解してもらえなかったり、馬鹿にされたりすることもあるでしょう。それでも、自分なりに満足できる作品を楽しんで作っていけば、必ず誰かが振り向いてくれるはずです。
 皆さんの個性的な作品の数々を見れる日を楽しみにしています!

池間海斗.jpg


池間 海斗(那覇国際高校 現)
愛知県立芸術大学 油画専攻 合格

 那覇美での体験は今まで人生の何倍も濃厚なものでした。初めはただ描くことが楽しく、ひたすら描きまくっていました。
 しかし、夏期講習時にただ描くことから表現するという全く未知の領域に入ったとき、今までの自分では通用しないことを思い知りました。
 表現って何だ!?俺は何を描けばいいんだ!?そもそも何を描きたいんだ!?
 自分がどんどん分からなくなっていき、次第に描く事が苦痛のように思えてきました。
 しかしボロボロになりながら、どんなに行きたくない日も毎日毎日那覇美に通い続けました。
 直前講習まではずっとボロボロでこれは合格は難しいだろうなと思いながらも、がむしゃらに描き続け、東京芸大の二次対策の中でさえ自分を見失っていました。
 しかしその対策の中で、油絵は何度も描き直せる、ぐちゃぐちゃでも最後に良くなればいいんだという当たり前のことに気づき、今までびくびく描いてた自分を壊すことができました。残念ながら東京はだめでしたが、おかげで愛知県立芸大に合格することができました。
 キツくても自分に負けず、描き続けていれば結果は出ると思います。この体験談が少しでも受験生の皆さんの支えになること祈っています。
 がんばってください。